ローリングストック(回転備蓄)はやめたい!めんどう!楽しくできない?

災害は突然
息つく暇なく
やってきます。

個々の対策が大切です。

イラストは地震
対する対策です。
普段は地震の恐怖が
過去になってきていますが、
地震直後は
近所のスーパーから、
水、
インスタントラーメン、
缶詰が
売り切れに
なりました。

今回は回転備蓄(ローリングストック)について、説明します。

目次

回転備蓄(ローリングストック)とは

保存のきく食料をあらかじめストックし、1ヶ月に一度、ストック分を食べる。

食べた分を買い足してストックしなおすことで、賞味期限切れで食料を無駄にすることなく備蓄ができる。

いざというときは普段食べ慣れているものが、安心にもつながる。というものです。

やめたい!めんどくさい!原因は?

保存食を食べる気がしない

普段食べていないアルファ米など食べる気がしない。

ローリングストックは定期的に食べなければならないため、

普段食べ慣れていないものは、億劫になりがちですよね。

お金がかかる

確かに食べ慣れてないうえに、買い慣れてなくて、

スーパーで売っていても、高いと感じてしまいますよね。

保存期間が長くても、すぐに賞味期限が過ぎそうな予感。

保管する場所がない

缶詰やお菓子などは、非常食として置いていても、

いつの間にか家族の誰かに見つかって、食べられる。

あるあるですよね。

好きなものを隠す感覚で

レトルトご飯にしてみる

ここは思い切って、普段食べている白米のレトルトにしてみる。

ハードルがぐっと下がります。

おやつ、ラーメンなどは普段の買い物で安く

普段、食べている物、好きなもののストックを増やす。

好きなものなら、賞味期限に敏感になりそうですよね。

また、高いとも感じないと思います。

食べられそうな物は隠して保存

決して見つからないところに、隠して、

賞味期限が近くなったら、見つかる場所へ、

そして、またストックを買い足すことを忘れずに。

最後に、、、

日ごろから
備えておかなければと
日々、反省です。

先に隠し保存の場所の確保ですね。

まずは
断捨離、、、。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

関西在住のアラフィフ主婦

コメント

コメントする

目次
閉じる