『一人を大切に』が勝利と福徳に

『一人くらいは』という油断と慢心から、破綻が始まる。

一人を大切にし、『もう一歩』と前進し続ける所は、団結もより強固になり、それまでの労苦と困難を、すべて勝利と福徳に変えていくことができる

引用 2021年7月23日聖教新聞
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる