千日尼午前御返事

この経文は一切経に勝れたり。地走る者の王たり、獅子王のごとし。空飛ぶ者の王たり、鷲のごとし。(新1737)

目次

通解

この法華経の経文は、一切経の中で最も勝れている。地を走る者の王である獅子王のようである。空を飛ぶ者の王である鷲のようである。

千日尼への御返事

弘安元年(1278年)7月、佐渡の女性門下である千日尼に与えられました。

夫の阿仏房が、身延におられる日蓮大聖人を訪ねた際に持参した、千日尼からの手紙に対する御返事です。

池田先生の指導

この妙法を持ち行ずる人は、獅子王が大地を駆けめぐる如く、人生と社会の王道を、威風も堂々と前進できる。大鷲が天空を舞う如く、一切を見下ろしながら、正義と栄光の軌道を悠然と上昇していけるのです。

大白蓮華2022年1月/女性部輝きのグループ学習

最高の哲学を持ち、希有の師と心を合わせて前進するならば、無限の智慧と力がゆ現し、勝利の人生を開いていけるのです。

大白蓮華2022年1月/女性部輝きのグループ学習
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる